未分類

綺麗に車のステッカーを剥がす方法の前に注意点が、実例あり

投稿日:

はじめに

中古車などで車を購入した際にボディやバンパーなどにステッカーが貼ってある場合ありますね。気に入らないから剥がしたいって方、多いのではないでしょうか。
一般の方でも綺麗に剥がす方法があります。
ただ、剥がす前によく考えてから剥がしましょう。なぜなら古いステッカーの場合、長い年月によって剥がした個所が周りの色と違う現象がある場合があります。人間で言うと日焼け跡みたいな感じになっている場合がありますので、ステッカー剥がしたは良いけど何か変な感じになった・・・というケースもあります。その実例を下記に紹介しますので、ご参考ください。

準備するもの

DSCN5024

・ドライヤー
シールと糊(のり)を熱で柔らかくして剥がしやすくします。家庭用のドライヤーで十分です。
・ブレーキクリーナー
シールを剥がすと糊が残る場合が多いのでブレーキクリーナで拭くと糊の除去が簡単です。ホームセンターなどで数百円で売ってます。

DSCN5025
・スクレーパー(上級者向け)
爪や手で剥がせない時に使用します。スクレーパーはカミソリのような刃物が付いてますので、使用の際にボディを傷つける可能性がとても高いです。よほどの器用な人や経験者が慎重に作業しなければなりません。初めての方にはおススメできません。ちなみにホームセンターで安く売ってます。

剥がし方

DSCN5023
ちなみにこれを剥がしたいと思います。

DSCN5026
まずはドライヤーでしっかりと熱を加え温めます。
特に冬場など気温の低い時はしっかりと温めましょう。

DSCN5027
十分に温めたらシールの角を爪でカリカリして指で摘まんでゆっくりと剥がします。
どうしても糊が残ってしまうと思いますのでブレーキクリーナーでウエスやティッシュなどでふき取り、完了です。
ブレーキクリーナーをボティに直接かけたまま放置するとボディが変色する場合がありますので、気を付けましょう。
心配な方は市販の専用の糊剥がしスプレーを使うと良いかもです。

日焼け跡

最初に説明しましたが年数の経過したステッカーは日焼け跡が残る場合があります。
↓まさに今回日焼け跡残りました・・・・

DSCN5028

写真でわかるでしょうか?「NAGOYA TOYOPET」と文字の部分が跡になっております・・・

剥がすか・剥がさないか

ステッカーを剥がすとこんなケースもありますので、剥がす前によく考えてから剥がしましょう。
経験上、年数のたったステッカーで上記のように文字の部分の日焼けは多いです。
また、傷などを隠すためにステッカーが貼ってある場合もありステッカー剥がしたら傷があった・・・などのケースもあります。

日焼け跡が残った場合の対処法
①自分の好みのステッカーを張り直す
②板金塗装屋さんに修理に出す(高額な出費ですがキレイに直ります)
③あきらめる・・・・
どれも微妙な対処法でスイマセン。。。

これからステッカー剥がしを考えてる方、ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-未分類

           

執筆者:

           

  1. かっぺい より:

    ありがとうございました。とても参考になりました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ワイパーブレード、アームが錆びてる、交換より再塗装

長年使用したワイパーブレードやワイパーアームが錆びてみっともないので、自分で取り外して再塗装してみます。 作業する車種はホンダのJB5ライフです。 目次1 アームの取り外し2 ブレード取り外し3 塗装 …

no image

子供の習い事や部活に口出し、ダメ出しするのは母親失格ですよ

子供が一生懸命やっているのに、親がいちいち口出しするのは絶対にしてはいけない事です。よく無経験、無知識なのにダメ出ししまくってる親を見かけますが完全に子供の才能とやる気を剥奪しています。 ※例外はあり …

WassUp アクセス解析導入 日本語化

無料ブログとは違って最初からアクセス解析はワードプレスに付いてないのですね・・・ アクセス解析はどうしても欲しいのです。 まぁアクセスなんて全然ないんですけど、「あっ、誰かブログに来てくれた」ってとっ …

ブログのある記事の検索順位が一気に圏外に飛ばされた理由

とある記事の検索順位が突然圏外になりました。 何かペナルティでもあったのかな?焦りと共にモチベーションも一気に圏外に飛びます。 だが、ここは冷静に知らてべてみる事にしました。 ちなみに私は、現在ブログ …

子供に世話を焼きすぎる母親、小言や文句はもうやめよう

反抗期を迎えた息子・男の子を持つ母親で心配性、世話焼き、小言、文句、おせっかいなどで子供を苦しめていませんか? 「親として当たり前」と思う方もいるでしょうが、ここはひとつ冷静に客観的に考え直す必要があ …